施設紹介

ホーム > 施設紹介

救護施設とは

救護施設は、身体や精神に障がいがあり、経済的な問題も含めて日常生活をおくるのが困難な人たちが、健康に安心して生活するための保護施設です。他の障がい者福祉施設と異なり、身体障がい・知的障がい・精神障がいと いった障がいの種類によって対象が規定されておりません。 実際に、救護施設には、身体障がいのある人(視覚障がい、聴覚障がい、肢体不自由などさまざま)、 知的障がいのある人、精神障がいのある人、それらの障がいを重複して持つ人、アルコール依存症の人、 ホームレスの人など、多様な人が生活しています。

理念・基本方針

法人理念

1.利用者一人ひとりの人格・人権を尊重し、自立支援を旨として社会福祉の増進に努めます。
2.利用者本位の立場に立ち、常に笑顔でサービス提供し、顧客満足を追求します。
3.「福祉の情報発信源」「地域交流の場」として地域福祉の拠点となり、社会貢献に尽くします。

基本方針

1.積極的な情報公開を行い、透明性のある運営を行います。
2.法令遵守に徹し、個人情報保護に努めます。
3.職員は常に目標・ビジョンを持ち、継続的に業務改善に真摯に取り組み、自己改革・自己実現を目指します。
4.社会福祉法人としての専門性を生かし、常に「well being」を実践しつづけます。

主なサービス

救護施設居宅生活訓練事業

利用者さんが円滑に居宅生活に移行できるように、近隣で借り上げた住居に移り住み、居宅生活に近い環境で単独で日常生活を送れるよう訓練(食事、掃除、洗濯、買物等)を行っています。最初の内は、すでにできあがった惣菜を買って食べることが多い利用者さんたちも、調理実習などで腕を磨き、日を追うごとに手料理のレパートリーも増え、将来に備え、充実の訓練ライフを送っています。

保護施設通所事業

居宅保護を受け、地域社会の中で生活する上で、一人暮らしに対して不安を抱えている方が数多くいらっしゃいます。そうした方々が当施設に通い、各プログラムに参加することを通して、安定した地域生活を継続できるように支援しています。また、居宅等への訪問も行い、生活指導等も実施しています。
地域の生活困窮者の方も当施設に来てもらうことにより、同様のサービスを提供し、日中、居宅で引きこもらないように支援しています。

一時入居事業

地域で居宅保護を受けている人が居宅での生活が不安定になった時に、一時的に施設を利用して急場をしのぎ、安定すれば地域に復帰してもらいます。

自立促進(自立支援プログラムの策定)

生活の支援や援助を行うだけでなく、利用者ひとり一人の自立促進を行う上で、生活の細部にわたる自立から、寮内外作業あるいは外勤や自活就労まで、幅のある生活を形成していきます。
また、利用者の状況を把握し、状況や自立阻害要因を類型化、類型ごとに取り組むべき自立支援の具体的内容の明確化及び実施手順を定め、施設として組織的に必要な支援や援助を実施していきます。

日常生活自立

身体や精神の健康を回復・維持し、自分で自分の健康・生活管理を行うなど日常生活において自立した生活を目指します。

就労自立

日常生活、社会生活自立の達成・維持を前提とし、就労等による経済的自立を目指します。

個別ニーズに応じたサービス(個別支援計画の策定)

個別支援計画に基づき、様々な障がいや課題を持つ利用者それぞれのニーズに応じたサービスを提供していきます。自己決定や個別性を重視し、ICFの視点も取り入れ、個別支援計画を策定します。モニタリングを行い、改善しながら、生活の質の向上、ここに応じた自立のための援助を基礎により快適な生活を送れるように支援していきます。

精神障がい者への支援

精神障がい者に対するサービスは医療との密接な連携を深める中で、それぞれの状態像を把握し、日常生活の活性化と社会参加、そして社会復帰を含めて考えていきます。社会的自立の能力を高めるような支援を行っていく上で、社会復帰の可能な人に対しては、ケースワーク的な調整を行い、また、あまり活動的でない人たちに対しては、レクリエーション的要素の強いグループワーク等を試みながら、動きのある生活を組み立てていきたいと思います。

知的障がい者への支援

作業やレクリエーション活動に積極的に参加を促す中で、張り合いのある生活を目指していきます。また、重度の知的障がい者で作業訓練参加も難しい人に対しては、特別なプログラムを組み、遊びや創作活動を中心に楽しい生活を過ごせるようにしていきます。

身体障がい者への支援

さまざまな介護に応えられる体制を準備し、個別の障がいに応じた援助をしていきます。

クラブ活動

利用者それぞれの個性にあった多彩なプログラムを用意し、利用者の趣味や特技を活かして、生活に変化や潤いやひとり一人の長所を伸ばせるようにし、日中活動のモチベーションの向上を図ります。
クラブ活動の詳細はこちら

保険・医療サービス

疾病の早期発見・予防のため、春季と秋季に健康診断、毎月1回の血圧・体重測定を実施して、必要時、受診を促します。また、随時、身体的・精神的な悩み事の相談に応じて、利用者の心身の健康管理と生活の質の向上を目指し、感染症に対してはマニュアルを作成して速やかに対応ができるように看護職員と介護職員が連携しながら支援していきます。

食事・栄養サービス

複雑・多様化する利用者のニーズに対応できる食事サービスを行い、健康の増進・体力の維持向上を図っていきます。また、正しい食生活のあり方を理解してもらうとともに、いろいろな工夫を重ねる中で、喜ばれる食事を提供していきたいと思います。

施設概要

施設名称 救護施設りんくうみなと
経営主体 社会福祉法人みなと寮
入所定員 150人(男性96人、女性54人)
開 所 日 平成18年6月1日
建物構造 鉄筋コンクリート造4階建

交通アクセス

アクセス方法

南海本線「樽井駅」下車 徒歩10分
JR阪和線「和泉砂川駅」よりバス乗車「イオンりんくう泉南ショッピングセンター」下車